ほんもの総合研究所
HOMEご挨拶会社概要お問い合わせ


2010.02.26  「かえる印のとろける愛情バーユ」販売開始!

■デリケートなお肌には、とろけるようなやさしさを。

低温で丁寧に抽出された高品質馬油の特長を生かし、最後まで清潔に使えるスポイトタイプでついに登場!

愛情を込めて、35℃以下の低温でじっくりと抽出したオリジナル馬油。
馬の油に含まれる良質成分オメガ3(αリノレン酸)の栄養価を壊すことなく手に取った瞬間にとろりと溶けて、スムーズにお肌に浸透していきます。

■とろける愛情バーユの特徴

1.馬油の魅力とは?

とろける愛情バーユの特徴「馬の油」は、長い歴史の中で、健康な生活をいとなむための家庭の万能常備品として役立ってきました。
そもそも「馬の油」は、ほかの動物性脂肪酸こはほとんど含まれることのないオメガ-3系脂肪酸「α-リノレン酸」を多く含み、 脂肪酸全体のバランスがとれています。しかも、含まれる各脂肪酸のほとんどは、「コレステロール」とは無関係の不飽和脂肪酸であり、人間の身体にとって最も大切にも関わらず、体内で生成することができない必須脂肪酸のかたまりといえます。

とはいえ、このようにすばらしい「馬の油」であっても、原料の産地やその抽出方法によって、私たちの健康にもたらされる効果は大きく異なります。
不必要に精製しすぎたり、香料や防腐剤などを添加すると、当然ながら、「馬の油」本来の大切な価値を失います。『かえる印のとろける愛情バーユ』は、その価値を決して損なわないように、原料の選択から抽出にいたるまで、「安全第一」、「効果優先」を基本に、国内工場において細心の注意を払って製造されています。

【効用効果】
・肌荒れを防ぎます。
・皮膚に潤いを与え、柔軟性を保ちます。
・皮膚をすこやかに保ちます。
・皮膚の乾燥を防ぎ、皮膚を保護します。
・日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます。

 

 

 

 

 

2.「かえる印のとろける愛情バーユ」の特長

  • 自生した牧草を主な飼料として飼育された、自由放牧の馬のたて髪(下部脂肪)が原料です。
  • 馬の油に含まれるすばらしい素材成分を壊すことなく、皮膚に浸透させるために、人間の体温(35℃)以下でゆっくりと低温抽出しています。
  • 高温抽出された一般的な固形状態の馬油とは異なり、常温でもなめらかな液体状のため、酸化しにくく、最後まで清潔に使い切れるスポイト式容器の採用が実現しました。
  • 体温以下で完全溶解するので、たいへん素早く皮膚に浸透していきます。
  • お肌への浸透力が高いため、水仕事などの手荒れを予想される作業の前やお風呂の前に使用しても、油分が浮かず快適です。
  • α−リノレン酸由来のかがやくような美しい黄色が特徴です。
  • α−リノレン酸とリノール酸がバランスよく配合されています(α−リノレン酸の方が豊富)。
  • 馬の油の素材の価値を失わないように、細心の注意を払いながら必要最低限の精製を行っています。
  • 安全第一、効果優先の考えから、香料、防腐剤(パラペン、エテド酸塩〉は添加せず、漂白も一切行っていません。
  • 品質を保持するため、遮光タイプの不透明なガラス容器に充填しています。
製造過程























3.ご家庭での保存について

『かえる印のとろける愛情バーユ』に含まれる「α一リノレン酸」は、熱や化学物質、紫外線などに弱い物質です。
遮光タイプの容器に充填していますが、万全を期すためにご家庭での保存の際には、以下の点にご留意ください。

  • 酸化を促進しないよう、必ず直射日光、高温多湿の場所を避けて保存してください。
  • 可能な限り、冷蔵庫での保管をおすすめします。
  • 安心してお使いいただける期間の目安は、常温保管で開封後1年、冷蔵庫保管で開封後2年です。


■これがとろける愛情バーユのはたらき!

α−リノレン酸は、お肌をイキイキと健やかに保つと同時に、お肌の表面に油膜を張って保護するなど、すぐれた抗菌作用があります。

皮膚は28日周期で生まれ変わっています。28日かかけて新しい細胞に押し上げられられた古い細胞は垢(あか)としてはがれ落ちます。これをターンオーバーと呼びますが、これは月の満ち欠けや、女性の月経周期とも一致しています。不規則な生活やホルモンバランスの乱れ、消化器系の機能低下によってもターンオーバーのサイクルは乱れます。
『かえる印のとろける愛情バーユ』をスキンケアにお使いいただくことで、α−リノレン酸がお肌にやさしく働きかけ、皮膚を健やかに美しく保つことが可能となります。



■いろいろなシーンで大活躍!「一家にひとつ」で安心できる心強い常備品
「かえる印のとろける愛情バーユ」を選ぶ6つの理由

その1.スーッとなじむ、サラッ♪ウルッ♪な使い心地

『かえる印のとろける愛情馬油』の肌なじみは、とにかくエクセレントです。
皮膚へ素早くなじみ、サラッとしてベタつきません。それはまさしく、「サラッとしたうるおい感」。一度お使いになると、期待通りの使い心地を実感いただけるはずです。また少量でもよくのびるので、思ったほど使い減りすることがありません。

その2.水仕事や入浴前に使える

水仕事や入浴の前に皮膚へ十分にすり込んでみてください。
ナチュラル馬油は皮膚へよく馴染みますので、水面や湯舟に油が浮くことはほとんどありません。
お湯や洗剤等による刺激を事前に緩和できるので、敏感なお肌の方にとっても心強いパートナーです。
特にお肌の状態が思わしくないときは、ぜひこのようにご使用になることをおすすめします。

その3.厳選された原料・伝統的製法

原料は、必須脂肪酸α-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸がバランスよく含有された、放牧肥育による馬の脂(タテガミ下部脂肪部分)。
その馬脂から、溶剤等を一切使用することなく人間の体温よりも低い温度でゆっくりと抽出しますので、豊富な必須脂肪酸の栄養価が壊されていません。

【とろける愛情バーユの脂肪酸組成】
とろける愛情バーユの脂肪酸組成
(財)日本食品分析センターにて分析
その4.αリノレン酸がしっかり残っています

α-リノレン酸からパルミトレイン酸までが、不飽和脂肪酸と呼ばれるものです。不飽和脂肪酸の中でも特にα-リノレン酸(オメガ-3)は、今もっとも注目されている脂肪酸で、『かえる印のとろける愛情バーユ』の濃い黄色と特徴的なにおいは、この脂肪酸が豊富に含まれている証拠です。


その5.液状だからできるスポイト式

一般的な馬油製品は、恐らく100度前後の高温で精製されたうえに、固形状に仕上げられているものが多く、スポイト式では吸い取ることができません。低温抽出した『かえる印のとろける愛情バーユ』は、常温でもなめらかな液状のため、清潔に使い切ることができるスポイトタイプの容器に充填することができました。小さなお子様や敏感肌の方など、デリケートなお肌の方にも安心して最後までお使いいただけます。
製品の酸化を防ぐために、開封後は冷蔵庫での保存を推奨しています。冷蔵庫から取り出した直後の馬油は固まっていますが、手でしばらく容器を温めますとクリーム状になり、付属のスポイトで簡単に吸い上げることができます。
また、 残りが極少量になりましたら、容器を逆さまにして冷蔵庫に保管してください。スポイトを使わずに容器の口から直接手のひらに取っていただくと、最後まで残さずに使いきることができます。


その6.水分とよく馴染みます

『かえる印のとろける愛情バーユ』は親水性のため、普段からお使いの、お肌に合った化粧水やローションと混ぜていただくと、よく馴染みます。
『かえる印のとろける愛情バーユ』は濃縮したようなオイルですので、このように化粧水等で薄めてお使いいただくのもひとつの方法です。
※この使用法は、馬油特有の匂いが気になる方、油に抵抗がある方には特におすすめです。

弊社では、馬セラミドを豊富に含んだ、ナチュラルグローブジェル(日本創健製、化粧水)を販売中。
『かえる印のとろける愛情バーユ』と併用してご使用いただくと、化粧水→乳液→美容液→美白液→化粧下地の5つのステップが完了します。


あなたのお買い物が、社会貢献につながります

ベトナム戦争に巻き込まれたラオスは9年間、8分に一度の頻度で爆弾が落とされ、その総量は200万トン、国民1人あたり1トン以上の爆撃を受けました。終戦後の今も、多くの不発弾事故が日常生活の中で起き、被害者の50%以上は小さな子ども達です。
かえる印のとろける愛情バーユをおひとつお買い上げいただくごとに、ラオスの不発弾除去支援として100円が寄付されます。
いつも美しい肌でいたいあなた、大切な家族の安らぎを願うあなたとともに、世界に広がるより豊かな愛情をはぐくんでいきたいと思います。

詳細はこちら>>



小売店様、卸売り業者様へ

オーサワジャパンまたは大王商会とすでにお取り引きの小売店様、卸売り業者様は両社にも供給いたしておりますのでご担当者にご確認下さい。
その他の小売店様、卸売り業者様には弊社から速攻納品させていただきます。 http://www.hon-mono.com/info/contact.html こちらからご依頼下さいませ。



かえる印シリーズ一覧


愛と叡智の紀州備長炭研究会 ほんもの総合研究所で扱っております商品は「びんちょうたんコム」のサイトでご購入いただけます。
かえる印のナチュラルかとり線香かえる印の天然除虫菊パウダーグリーンパワージューサー ほか